« 名古屋オートトレンド2010スプリングGP | トップページ | ウィリアムズルノー FW16 (Chapter♯1) »

復活の狼煙?

 続いてはいよいよ開幕した「F1」と「IRL」等について私感をば、F1に関しては何と言っても「シューマッハー」の復帰による歴代チャンピオンの激突...といった所なんでしょうが、私的にはダウンフォースを削られたマシンが「スリックタイヤ」を履き、「フルタンク」でレースをスタートするといった「一昔どころか二昔前」みたいなレギュで楽しめるのかな?といったところが興味の対象でした。

 おまけに正直自分の中では「F1」に対しての興味がホントに「薄く」なってきて、開幕直前まで全くのスルー状態、新車発表やオフテストの話題もサッパリで(といってもやれ新規参入チームが間に合わないだの、ドライバーが決まらないだの政治的な話題ばかりでしたけどね)、テレビで見て初めて「今年はこんなマシンが走るんだ~」ってな感じでした、後述しますがやっぱり「琢磨選手の復帰断念」が一番の理由かな?。

222838_0 222805_0 222795_0

 ですが、始まってみると意外に面白いのではないかな?とも、やっぱり少ない燃料でフルアタックをする予選は純粋に「一発が早い」マシンが分かるし戦術的にも有利、またレースラップが安定しているマシン(今回だと間違いなくフェラーリですが)が先行車に仕掛ける「プレッシャー」などは見応えがありました、残念ながらベッテルのトラブルにより呆気なく終わってしまいましたが、そのベッテルも無線で「何か他に出来ることはないのか?」と諦めずに必至でマシンを操る姿は、去年同ラップの先行車(確か日本人だったよな~)に「譲るようにチームに文句を言ってくれ」と無線で泣きを入れていた「どこぞのチャンピオン(笑)」とは大違いだなと感心してしまいました。

222799_0

確かにマシンが重たい冒頭や、燃料が減ってもタイヤやブレーキ、エンジンへのストレス考えてペースが上げられなくなる終盤ではマシンが数珠繋ぎになり、一見つまらなくなるのは否めませんが、レギュに文句を言う前にそこで他者との違いを見せて戦う術を模索して欲しいです、そういったところでシューマッハーは魅せてくれるのではないかな?と今後に期待したいですね。

222835_0

で、肝心の「琢磨選手」がチャレンジすることになった「IRL」ですが、レースが熱い彼なのに情報量がホントに少なくて困りもの、残念ながら予選はルーキー最速の10番手になりつつも初戦は0周リタイヤとなり、今回はレース内容云々ではありませんでしたが、仮にポジティブな活躍をしてもこの情報量ではな~、衛星放送でも見れればいいのだけれどそれでもリアルタイムって訳にもいかないだろうしホントにやるせないです、ただ琢磨選手のことなのでキット何かポジティブな話題や成績を残してくれるでしょうから、せめて「茂木」と「インディー500」ぐらいはしっかりと中継して欲しいと思います、もちろん武藤選手にも期待してますよ!!。

222882_0 222481_0 221693_0

とは言いつつもやっぱり一番のお楽しみは今週末のS-GT開幕戦!!、何と言ってもホンダのニューマシン「HSV-010」に期待!!!(ここ数年ニューマシンがデビューウィンを飾っているので、是非「ARTA」に勝って欲しいです)、今年は決勝日のピットウォーク券まで買って家族全員で観戦予定ですが、週末の天気がホント気がかり、息子もファーマン選手に会うのを楽しみにしているので、どうか雨だけは降らないで欲しいと思います、当日の様子は次回にでも。

Img_3094 Img_3095

 最後に「シューマッハー」「佐藤琢磨」「ホンダレーシング」に続き、私も「復活!!!」という事でこの様なモノを製作開始しました!、まだまだ借り組みの状態ですが結構同車の「特徴」を捉えていてなかなかの好印象、とは言え突っ込みどころ(テールライトのカバーはあっても肝心の「ライト」が無かったり、モールドと化しているサスの基部とかね)や事前処理が必要な所は満載なので追って色々アップしていければと思いますので「乞うご期待!!!」。

|

« 名古屋オートトレンド2010スプリングGP | トップページ | ウィリアムズルノー FW16 (Chapter♯1) »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋オートトレンド2010スプリングGP | トップページ | ウィリアムズルノー FW16 (Chapter♯1) »