« 見せてもらおうか!1/1ガンダム立像の「存在感」というものを!! | トップページ | ミニ4駆オータムGPin鈴鹿2009 »

ミニ4駆サマーGPin鈴鹿2009

 前回のエントリー同様、この夏の思い出を振り返るネタですが、今回は8月に参戦したミニ4駆の公式大会について綴ってみたいなと。

Sa380286 Sa380287

 8/9に鈴鹿で行われた「ミニ4駆サマーGP2日目」に毎度のように長男と参加してきました、今期サマーGPのコースには「テーブルトップ(登って下るスロープセクション)」や「ドラゴンバック(こぶ状のジャンプ台)」の他に「芝生(人工芝)」のセクションが登場するらしいとの情報を事前にキャッチしていたため、メインマシーンの3台にはそれなりの対策(ブレーキやタイヤ等の変更)を施して現地に向かうことに。

 ただ同日は降水確率50%の予報で開催されるかは微妙な感じでしたが、ピンポイント予報では鈴鹿は一日中「曇り」で何とかもちそうな感じ、限定キットや先行商品の販売もあるし、何より「なる嬢」にもお会いしたかったので、行かずに後悔するよりかはマシかな?と思い鈴鹿に向かいました。

 現地に到着すると午前の部は中止でフリー走行のみを実施、午後からは天気の様子を見て判断するとのことでした、ただコースを見ると噂の「芝生」は敷かれおらずてレイアウトもそれほどといった感じの難易度、昼からの動向は気になりますがせっかく来たことですし、主力マシンの仕上がりも確認したかったので、早速コースinすることにしました。

 ところが投入した3台のマシンが全てがスピード不足やコースアウトなどにより満足なパフォーマンスを見せてくれない、特に一番手を焼いたのはテーブルトップ後のドラゴンバックで、リズムに乗れずに挙動を乱してコースアウトを繰り返す始末、恐らくは変更したブレーキパーツの制動不足かな?とも思いましたが、あいにく息子の分も含めて2セットしかブレーキバーは用意していなかったことから、マシンとの相性を見極める間もなく午前のセッションが終了してしまいました。

Sa380289 Sa380288

 午後からは一か八か「モーターの出力を押さえてトライしようか?」と食事をしながら息子と相談、ところが昼食を終えてコースを見に行くとなんと芝生が敷き詰められているではないですか!!!、オイオイ!ただでさえセッティングが決まっていないのにどうしようか...と言っている間に午後の部がスタート、オープンクラスとジュニアクラスが行われることになり私達親子もそれぞれにエントリー、とは言え参加者の数から予選は「一発勝負」になるのが濃厚、ココは一つセッティングは決まって無くても、一番安定感のあるワンウェイ装備のマンタレイで勝負することに、その間息子の1回目がやってきたので応援しに行くと、手強そうな相手とデッドヒートを繰り返し、2周目でトップに浮上するも「テーブルトップ」の着地でバランスを崩しコースアウトとなってしまいました。

 ところが、参加人数の少なさかジュニアクラスはもう一度走らせることが出来ると解ると、昼食時に相談した「モーターの変更」作戦で望む作戦でトライすると息子が進言、早速「ハイパーダッシュ」から「ライトダッシュ」にモーターを換装後2回目のレースに出陣!ところが今回も相手が悪く、鬼門のテーブルトップやドラゴンバックで安定した挙動を見せコースアウトはしないモノの、トップのマシーンとは最後までギャップを縮めることが出来ずに2位でフィニッシュ、万策尽きた息子はまたもや人目も憚らずに泣きじゃくっておりました。

 でも、去年の夏から投入した息子のマシンも、気が付けば結構痛んできてるな~と、レース後のチェックでは特にシャフトのゆがみが顕著でワンウェイ装備では振動がスゴイ、コレが決定的な敗因ではないとは思いますが、そろそろ大掛かりなレストアが必要なのに「これだけ頑張ってくれたマシンをもうチョット労ってあげなくちゃいけないよ!」と諭すと納得していた様子、また帰りがけに大好きな「ミニ4ドクター」直々に「惜しかったね、次のレースも待ってるよ!」と声を掛けてもらうと晴れやかな表情を浮かべていました。

 で、肝心の私はと言うとコレがまた何とも...まずスタートで出遅れたかと思えばデジタルコーナーでじりじり離され、1周目のテーブルトップ上で何故かひっくり返って速リタイヤ、芝生を攻略どころか全く良いところが無く終わってしまいました、まあハナっからセッティングも決まっていなかったことですし、これだけ色々マシンを「揺さぶる」セクションが増えるとかなりの衝撃を受けることから、今よりもっと「低重心」なマシンを作らないとダメかな~と思いました。

Img_2650 それでも捨てる神あれば...といった感じでその後の抽選会では3月のオートトレンドに続き商品をゲット!!、なんと赤成形のレイザーギルのボディーとS-Xのシャーシのセット!!!(5月のコロコロGPやホビーショウのトライアル時に入手することが出来なかった品です)次回の公式にはこれらを使ったコンデレマシーンを作ってみようかな?と思ってしまいますね、それとお目当ての限定キットを購入し「なる嬢」にサインをもらって今年のサマーGPは終了となりました。

 実質半日だけの大会でしたが、結果として最新のトレンドを全て含むコースを体験できたのは良い経験なったかな?、毎度の事ながら終了後の練習走行ではウエイトを積み替えたことにより、幾分挙動も安定していたのには少しばかり勇気づけられました。

 とは言え本当の決戦となるのは恐らく今年最後の参戦となる「オータムGP」で、今年は2日間連続で参加を計画しています、ぜひ今回の経験を元に親子でタスキ...いや2次予選突破目差して鍛錬に励みたいと思います。

|

« 見せてもらおうか!1/1ガンダム立像の「存在感」というものを!! | トップページ | ミニ4駆オータムGPin鈴鹿2009 »

ミニ4駆参戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見せてもらおうか!1/1ガンダム立像の「存在感」というものを!! | トップページ | ミニ4駆オータムGPin鈴鹿2009 »