« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月

オヤジが夢中になる訳だ...(笑)

 前回のエントリーからまたもやかなりの間隔が空いてしまって...面目ないです。

 その間ネタが無かった訳でないのですが、(エヴァの続編を見に行ったりとか、ミニ4駆のショップレースに参加したりとか、あと次回の更新時に触れますが「248F1」の進捗状況とかね)私自身の「公」の部分で色々ありまして、なかなかブログを更新する気力が保てなかったのが一番の理由、しかも事態はなおも進行中で、恐らくは当初危惧していた以上に来年度は趣味に割ける時間は少なくなってしまうのだろうな~と。

 まあ、だからといって悩んでいてもいずれ結果は出ることだし、尚のこと「貴重!」となってしまった時間を有効に使わねば!、ということで気分転換も兼ねて?(と言うよりかなり「気合い」を入れて)先週末名古屋港で開催されたメ~テレ(名古屋テレビ)のイベント「生誕30周年祭 in NAGOYA ガンダムTHE FIRST ~未来創造の世紀へ~」に行って来ました!!。

Img_2582_2 Img_2584_2 Img_2625_2 Img_2622_2

 実はこの地方では同局で5月から土曜の深夜に「朝までガンダム」と称して、及川光博、土田 晃之、若井おさむの3人をパーソナリティーに迎えマニアックなトークを織り交ぜつつ、機動戦士ガンダムの全43話を再放送する番組があり、(もちろんちゃっかり全て録画しました(笑))しっかりとストーリーの復習とイベントの予習を済まして現地へ乗り込むことにしました(もちろん今回は私一人です)。

Img_2583_2 Img_2617_2 Img_2615_2 Img_2633_2 Img_2634_2

 イベントは3日間で毎日内容の違う催し物(トークショーやライブ、クイズなど)があり本当ならば古谷 徹さんが登場する2、3日目に行きたかったのですが勤務の都合で初日の24日のみの参加となり、夏休みとはいえどう考えても「子供向き」な内容ではなく、平日だし空いているだろうな~と甘い読みで現地に9時に到着(初日は10時開演)するように行きました、するともうこの時点で居るわ居るわ!ポートメッセの会場を半周しそうなくらいの長蛇の列!!、なんとそこから会場入りしたのは40分後、早速限定のガンプラとおみやげの品を購入しようと販売コーナーに向かったところ、予想はしていましたがまたもや長蛇の列!オマケに販売ブースには入場制限がかけられまたもや待つこと1時間半、ようやく順番が回ってきそうになったところで列の後ろの方から何やら怒号が...、なんと限定商品を紹介してあるボードに次々と「当日販売分売り切れ」の文字が!!!、もちろん真っ先に売り切れたのは会場限定のガンプラセットの2種!!!!!、とはいえよく見ると私の眼前にはまだカートンの箱が少々積んでありどうやら早めのご案内だった模様、とりあえず私の前に並んでいる十数名が方々が「一人の購入上限の5個(←オイオイ!!なんだそりゃ)」なんて言うふざけた購入さえしなければ回ってきそうと解り一安心!、無事にそれぞれ1セットずつ購入できました。

 ただ私感を述べさせてもらえばこの手のイベントにはありがちなんでしょうけど、いかにも転売目的の輩が居て困ったモノ、先にも述べましたがトークが主体の本イベントに家族で来ている方々の(特に子供達の!!)目的と言ったらそれしかないだろ!!と思うのに、何時間も待たされて買えませんでしたってのは可哀想すぎると思います、一応未購入者にはオンラインショップで購入することが出来るよう、パスワードを記載した用紙を配布していましたが、(私も「もっと欲しいのに1セットしか買えなかった人?(失笑)」と思われた様で、何故かその用紙をもらいましたが...)それを見ると追加購入で手にすることが出来るのは11月頃とのこと、ホントもっと「売る側も買う側も」考えて欲しいですね。

Img_2631_2 Img_2632_2

 その他にはお菓子系や限定ピンズ、それから(今回の一押し!)歴代のガンダムソングアーティストによる「翔べガンダム」「永遠にアムロ」のリメイクCD等を購入、その後また「お会計」の列に1時間半並ぶハメに...御覧の買い物が終了したのは午後1時半でした。

 お陰で午前中のトークショーは(一応販売ブース隣の飲食コーナーにオーロラビジョンがあって、メイン会場の様子を見ることが出来るようになっているのですが、先の「怒号?」や列の前後に友人同士で並んでいるグループのヲタナ会話にかき消され全く聞こえない)ほとんど楽しめませんでした。

Img_2585_2 Img_2586_2 Img_2587_2 Img_2589_2 Img_2592_2 Img_2595_2 Img_2596_2 Img_2598_2 Img_2601_2 Img_2602_2 Img_2603_2 Img_2604_2 Img_2605_2 Img_2606_2 Img_2609_3 Img_2610_2 Img_2611_2 Img_2613_2 Img_2618_2 Img_2619_2

 その後も永井 一郎さんや古川 登志夫さん、ハモン役の中谷 ゆみさんらのトークショーも展示ブースを周りながらのためゆっくりと楽しめませんでした(その展示ブースも結構内容が濃くてついつい見入ってしまう、「土田専用ザク」と「若井おさむのコスプレ衣装」とか面白かったですが、何と言っても1/144で再現された「ジャブロー攻略戦」のジオラマは迫力ありましたね(音響なんかも仕込んでればなお臨場感があったかも)それと当時の舞台裏を知ることが出来る台本や設定資料、特に視聴率のグラフは興味深かった、放映当時はサッパリだったというのはもはや定説ですが、ホントの意味でのブームがやって来たのは映画3部作が放映した後の82年の再放送で、なんと25%越えだったそうです)。

 なのでマトモに見ることが出来たのはプリマベーラSのマジックショー(みんな可愛いけどなんで「このイベント」って感じ?)とクイズイベントのみ(しかも参加出来ず外野から眺めるだけ(爆))、のっけからマニアックな問題が続く展開でしたが(オープニングは「アムロの父親テムレイのサイド7入港時の階級は?」から始まり、特に「ブーンの潜水艇から射出されたゴックが「木馬」と接触するのは何分後?」とか「マグネットコーティングの回でナレーションの後最初に台詞を言うのはカツ、レツ、キッカの誰?」ってのは難しかったですね)それでも予習?の成果か全問正解でした!!!(参加していれば絵はがき貰えたのに....)。

 ホントはその後夕方以降のガンダム芸人らのイベントや、同い年の土田 晃之のサイン会なんかにも参加したかったのですが、家事都合で会場を後にすることに、どちらかというと不完全燃焼?の様な感じもしましたが、お祭り気分を味わえただけ良かったかな、何より改めて「ガンダム」の偉大さってのを肌でjかんじる事が出来たのがファン(マニア?)としては嬉しかったです(余談ですが子供がお世話になってる学童の先生も「GACKT(ガクト)」目当てに?(もちろんガンダムも大好きな方ですが)翌日参加したそうですが、なんと入場までに2時間待ちだったそうで...やっぱり空いていたのかもしれませんね)。

Img_2635

 さあ次はいよいよ一ヶ月後の「お台場」のガンダムエキスポ!(←こちらも私のみの参加、カミさんと子供は「お台場合衆国」に行くそうです)、こちらもイベントよりも「限定キット」目当てになりそうですが、名古屋でこの有様ですからもっと込むんだろうな~(呆)、でもまあ今更照れてもね~てな訳で今年の夏は「年甲斐もなく夢中」になってガンダム30周年を楽しもうと思います。

| | コメント (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »