« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年を振り返って...

 幸か不幸か今年も大晦日は「オールナイト」でお仕事です、なので今年も昨年に続き一日早いですが「08'私感的な回顧録」で締めたいなと。

Spa

 先ずはモータースポーツに関してですが、ことF1に関しては正直「何もない」ですね、私のシーズンは第4戦のスペインで終わってますし、今更モータースポーツへの情熱を感じられなかった「HRF1」が撤退しようが、(ひょっとしたらトヨタの方が早いかな?と思っていましたが、思いとどまったのは同チームのF1への主たる参戦目的である「ヨーロッパへの広告戦略」の為ですかね?)何ら心に響くモノではありませんでした、チャンピオン争いにしてもその資質には?のハミルトンが正に土壇場で獲得し、チームタイトルは辛くもフェラーリへといった「痛み分け」で終わり、どこか「茶番臭い」気がしてなりません。

Far Sbt Rbk

 それでもシーズン終盤のアロンソの活躍は見事!!それまでの「堅実でミスをしない」走りから一転、非力なルノーのマシーンで見せた「クレバーでアグレッシブ」な走りは、去年まで彼に抱いていたネガティブな印象を覆すほどのインパクトがありました、また「BMWのクビサ」や「トロロッソのベッテル」といったヤングパワーの台頭も今後に期待させますね...って思い返せば結構色々有るじゃない(笑)。

NkzSta

 とにかく来年は先ず「中嶋Jr」がより一層の活躍をし、その後「本家」のドライバーとして抜擢されることと、何より「佐藤琢磨選手」がレギュラードライバーとして活躍してくれることを切に願い!「レッドブル」で乾杯ですね。

Sgt1 Sgt2 Sgt4 Sgt3

 スーパーGTに関しては案の定というか、(もちろん模型業界も含め)正に今年は「GT-R」一色のシーズンで、(こちらでは「ホンダ派」の)私としては寂しい、もとい羨ましい限り、辛くも童夢が1勝をしましたが、一押しのARTAやお気に入りの井出選手(鈴鹿でサインと握手をしてもらったから?ってだけじゃなくてね)の所属する「国光」の各レースでの最上位が2位止まりだったのが残念、来年はレギュがNSXに有利に働けばいいのですがね、コース改修により鈴鹿は第2戦となりますが、開幕戦で「シェイクダウン」をすまし万全の体勢で乗り込んでくることを期待したいです。

Sti 

 さて忘れていけないのがWRC、と言っても今年はホントに注目度が今ひとつだったかな?スズキの参戦や新型インプの投入で「日本勢」の活躍が期待されていたのですが...もはや語らずもなといった感じですね、ただスズキもそうですが、ことラリージャパンではステージベストを叩き出したニューインプ&ペターには、個人的にも来シーズンは期すべきモノが有っただけに(親会社?がF1撤退しないことの割を食ってしまったのかな?)スバルの撤退は残念でなりません。

PsbCak_2

 ただコレまでの「プロドライブ」との提携には「BAR時代のホンダ」同様疑問符なところもありましたので、断ち切るのには丁度良かったのかも?近い将来新たなパートナーと共にラリーフィールドに戻ってきてくれることを、またシートを失ってしまったソルベルクとアトキンソンには、あたらなチームで奮起してくれることを期待したいと思います。

Img_2782Img_2783

 締めは私自身モデラー及 びミニ4レーサーとしての総括ですが、確かに不遇な時期もあり、また毎月レースを行ってくれたお気に入りのお店が当然閉店してしまうなど、残念なニュースも有りましたがそれと同じくらい好事にも恵まれて、全体としてみれば満足な1年だったと思います、理由はプラモデルにしてもミニ4駆にしてもそれぞれで「結果」を残し、親子で一緒に楽しむことが出来た事と言うこともありますが、なによりこんな御時世になっても、その「趣味」を続けていけることに感謝をしています。

 来年に関しては既に幾つか動き出しているモノ↓↓もあり、年明け後に随時「お披露目」を予定していますが、閉塞感が増していきつつある時だからこそ、今までとは違ったアプローチで「模型」といった趣味を楽しんでいこうと思います。

 最後に、当ブログに来てくださる訪問者の方々、リンク先の皆様、そして私の家族に対し心よりお礼を申し上げると共に、来年が皆様にとって実り多き一年となりますことを祈念いたします。

Img_2837 ってな感じで来年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

祝完成!有り難うございました!!

 年の瀬も押し迫って残すところ後10日ほど、1年の終わりの迎えるにあたり色々と思うところもあるので、「回顧録?」みたいな感じの記事を挙げていきたいな~とも思うのですが、その前にやっぱりこの作品について「決着」を付けてからではないといけないかなと(少し遅くなりましたが)。

Img_2806_5  思えば当ブログを始めるにあたり、「挨拶がてら」のつもりで製作を始めたこの「ARTA NSX-GT 05」も、完成までによもや2年近くを費やすことになろうは...。

 ぶっちゃヶ一向に進まない作業工程にほとほと嫌気がさし、正直1度目のボディー廃棄の時点と、昨年秋の「一時中断」時に作成をやめようかと本気で思いました。

 それ以外にも「萎えてしまいそうになった」一番の理由は、とにかくそれまでの自分の実力明らかに「過大評価」していたと痛感したことです。

 確かにバリバリに製作していた「独身時代」とは環境も違い、またブランクによる「勘の鈍り」みたいなものはあったとは思いますが、何より「自分の製作スタイル」といったものが未だに出来上がっておらず基本的なところでケアレスミスを連発、オマケに新たに試した制作方法もトライアンドエラーを繰り返すといった「手探り」状態の製作が続くうちに、「何が何でも完成させなくてはいけない」といった「使命感」が次第にストレスとなり、プレッシャーに押しつぶされそうになっていました。

 まあそれ以外にも、完全に子供以上にハマッてしまった「ミニ4駆」に情熱?(現実逃避?)を傾けてしまい、「モデラー」としての自信を失っていたのも製作遅延の要因の一つだと思いますがね(笑)。

 ですがそんな私を何度も奮い立たせて完成までこれたのは、この趣味に理解を示し協力してくれた家族と、一向に更新しないフォトアルバムを頻繁にのぞきに来てくれた訪問者の方々、そして私の復活を信じて待っていてくれた「友人達」のお陰と感謝しています。

Img_2810_2 Img_2812_2 Img_2811_2 Img_2825_2 Img_2814_2 Img_2815_2 Img_2819_2 Img_2821_2 Img_2820_2 Img_2818_2

 ですので皆さんにご迷惑を掛けた分、せめて製作記だけは充実させたいな~とは思っていたのですが、なにせ終盤は通常の3倍以上のペースで追い込みを掛けたため写真を撮っている暇が全く無く、上記クローズアップで挙げた「アピールポイント」とも言うべき箇所も、製作工程をお見せできないのが残念でなりません、今後フォトアルバムの方には追って解説付きでアップいたしますが、それでも説明不足になってしまうだろうな~、楽しみにしていた方どうもすいませんでした、またお聞きになりたいことがあれば是非コメント欄にて投稿してくださいませ。

Img_2824_3    とまあ紆余迂曲説の末ようやく完成した本作品ですが、「ディスプレイカーモデル」の新規完成品は本当に久しぶり、オマケに掛けた時間の性か「達成感」も半端でないことから、なかなか次回作へのモチベーションが沸いてきません、ですがせっかく模型に関して「頭も手先も暖まって」来たのでブランクを明けるのは勿体ないかな?、とりあえず次はリフレッシュがてらチョット志向を変えた作品に取りかかろうと思います。

| | コメント (0)

オートモデラーの集い2008in名古屋

Img_2788Img_2789  ブログの更新もす~かりご無沙汰となり、おおよそ1ヶ月のブランクが空いてしまいました、その間「佐藤琢磨クラブミーティング」に参加したり、ミニ4駆も次期参戦のテスト車両で参加していきなり準優勝したり、と色々ネタはあったのですが更新している暇が無い!(じゃあ参加してたらダメじゃない?って言われると辛いのですが...気分転換は必要かな?ってなことで)、理由は何と言っても11/30の「オートモデラーの集い」に今年こそは「ARTA NSX-GT'05」を間に合わす為、通常の3倍以上のペースで日夜奮闘中でした。

 で、当日ですがなんと長男の小学校の学芸会とバッティング!!「お父さん発表会は見に来てくれる?」との問いに「お父さんも「発表会」なんですけど...」とは言えず、午前中だけと言うことでもあったので、とりあえず息子の学年の「出し物」を見てから現地へ向かうことにしました。

 そのため現地到着は13時過ぎとなってしまい、「メーカーの座談会(今回はハセガワ模型さんが新作の312T2等を持って見えました)」を横目に慌ただしく作品展示と撮影を行いました。

Img_2742Img_2743Img_2745Img_2746  

                      

                

 先ずはリンク先の方々の作例から、TMCCの「N川」の新作はトミーテックの「小田和正」コンサート仕様とトランペッターのポンパー(消防車)、いつもながら同氏のキャラからは想像しがたい(笑)丁寧な仕上がりに感服、アメリカンな「緊急車両」も一堂に会するとハリウッド映画のようでなかなか面白いモノですね。

Img_2762Img_2763 次にここでは「一般参加」で見えた「mutti」さんの作品、実車はもとより模型業界でも主流となりつつある「痛車」の数々、春のホビーショウで拝見した「ハルヒのFD」の他に、最新作の「シェリルのZ」もお目見え、諸事情にて「ランカのGTR」との競演はなりませんでしたが、相変わらず「スプレー塗装でこの仕上がり???」と驚嘆してしまいます、流石はモデラートで特集を任されるだけのことはありますね、次回作?の「初音ミク?」も期待してますよ、出来れば賞品の1/12のキットでね(もちろん正統派のマルティニでもね)。

Img_2770Img_2778_2Img_2771Img_2779

                                 

                                               

                                                            

 それから、当クラブ仲間の作品を紹介、こちらもリンクでお世話になっている「ラング」さんの作品、私にとっては色々な意味で「先輩」とも呼べる存在で、独特の作風と世界観、そして模型だけに限らず絵画やフィギュアも制作なさる非常にバイタリティー溢れる方で、最近は1/1の模型(実車)に夢中とのことですが、いつもモチベーションを分けていただいております。

Img_2775Img_2780  クラブ員の新作はと言うとこちらの「550スパイダー」ファクトリーヒロ製のガレージキットですがレジンキットとは思えない精巧な仕上がり、また「アルファのカングロー」は似ても似つかない「ニットー」のキットをオリジナルを生かしつつ、内装を含めほぼ「フルスクラッチ」とも呼べる作業を断行し製作した代物で、当初のキットの出来を知っているモノから見れば感嘆することしきりの仕上がりです。

Img_2764Img_2768   その他一般参加の作品では、友人「ブルムーン」さんも新作の「Z」を展示、丁寧な仕上がりで流石は地元の模型店のコンテストで「殿堂入り(←阻止できませんでした)」されるだけのことはありますね、また個人的に一番気になった作品?はこちらの「ランティスクーペ」、何でも「フルスクラッチ」とのことで元オーナーとしては是非「型」を分けて欲しいと思いましたが当人と接触することが出来ず残念、まあ以前「たのみこむ」で購入した「ST27」のキットもあるので自分もいつか挑戦してしたいですね、その他の作品等(個人的に気に留めたモノのみで全部ではありませんが)は後日アルバムにてアップする予定です。

Img_2784Img_2783  そしてお待ちかね!!私の「ARTA NSX-GT'05」ですが、連日の強行作業と家族の応援により無事に完成しついにお披露目となりました。

こちらも後日アルバムを更新予定ですが、何分「強行作業」でしたので...制作中の写真はほとんど残っていません、ですが「クローズアップ&ヒストリー」宜しく、細部をお見せしながら説明できればと思っています。

 思えば同ブログを開始時より(と言うよりそれ以前からですが)製作を始め、何度も障害にブチ当たりながらも、モチベーションを奮い立たせながら、およそ2年の歳月の末ようやく完成する事が出来、もちろん感激や達成感もありますがなにより「約束を果たすことが出来た」と言った「使命感」から解放されたような心境で、いつもなら「さあ次は!」と早々に気持ちも切り替わるのですが、今回はその様な気持ちは全く沸いてこず、「暫く眺めていたい」といった愛着にも似た安堵感が去来しているような感じです。

 とまあ、チョットカッコつけても見ましたが、この出来で満足していないのも事実、疲れも癒えれば次なる目標も沸いてくるとは思うので、それまでの間は息子と一緒にキャラモノでも作ろうかなと思います。

 そんなこんなでアッという間に時間も過ぎ、いつもに比べ皆さんとの交流不足な感じは否めませんでしたが、それでも「楽しい趣味の時間」を過ごすことが出来ました、

 本イベントも来年からは開催会場も変わり、新たなスタートを切ることになりますが、主催側としては「マンネリ化」せぬよう、またモデラーとしても「成長」がお見せできるような作品を制作していけるよう頑張りたいと思います。

| | コメント (5)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »