« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

やっぱり模型人(モデラー)なんです!!

 今年も残すところ2ヶ月あまり、この頃になると目前に迫った「オートモデラーの集い」に向けラストスパートが始まるのですが、相変わらず公私ともに忙しい日々を送っているのでなかなか模型製作にも集中できません、まあそれなりには進んではいるので去年よりかはましな感じで展示は出来そうですし、他に出品作品 が無い訳でもないので...そのネタに関しては後述にて。

Img_2702  とはいえ世間は3連休!私の休みも運良く当てはまりましたので、先日11/2に三嶋家と一緒にタミヤオータムGPに参加するため鈴鹿サーキットに行って来ました、当日は穏やかに晴れて心配していた風も弱く絶好のレース日和となり、長男も私もテンション上がりまくり!!早速コースにて試走開始と思いきや、開催前のコースオープンはなくいきなりのぶっつけ本番となり、我が家もそうですが特に初の「5レーンコース&テーブルトップ」初体験の三嶋家(特に三嶋パパは)はその攻略に手こずって見えました。

Img_2703  で先ずは午前の部、全年齢が参加できる「小径タイヤ部門」&「オープン部門」の他に中学生以下の「ジュニアクラス」も平行に開始され、三嶋家のご子息は2人とも1次予選を突破!、特に三嶋家の長男は続けて「オープン部門」の1次予選まで突破する快進撃ぶり(その後午後からの予選で「小径タイヤ部門」も突破し、3カテゴリー制覇!!)でした、で我が家はと言うと私が一回目の予選で残念ながら2位だったのですが、「他車による進路妨害(レーンを飛び越えて入ってきた車に頭を押さえられたため)」なんと「おこぼれで」私まで1次予選を突破することになりました(そのことがかえって車のポテンシャルを見誤る結果となってしまったのですが...)。

Img_2725  おかげで小径タイヤのマシーンを持ってない私は午後からの2次予選まで参加するチャンスが無くなったのですが、その分長男と一緒に彼のマシーンのセットアップをする時間が出来ました、ですが結局午前中の予選を突破することは出来ず「ジュニアクラス」も遭えなく敗退、午後からの「小径タイヤ部門」&「オープン部門」に望みを託すことになりました。

 その後お昼御飯も早々に済ませ練習走行&セットアップを繰り返し、電池のマネージメントとリアローラーのセットアップの変更により、どうにか安定周回を重ねるセッティングを見つけることが出来、望んだ午後からの予選でちょっとした「奇跡」が起きました、ナンと!息子のマシーン以外毎週1台ずつコースアウトして最終ラップには単独走行に!!、チェッカー後にMCの方に健闘をたたえられ、ガッツポーズで返していた姿が(親バカですが)チョットばかり誇らしげに見えました。

 ですが続く2次予選も同じようにコースアウトが続出するサバイバルな展開となり、ひょっとして決勝進出できるかも?と期待してしまいましたが残念ながら2位で敗退、やや満足げな表情も浮かべていましたが、その後も三嶋家の子息と練習用のコースで走らせたり他の車を見に行ったりしながら、色々と子供同士で色々と話しているところを見ると、ようやくレーサー魂に火がついたかな?ってのが伝わってきて父親としては嬉しく思いました。

Img_2704_2  また私の2次予選はと言うと、メインマシーンであるアバンテMkⅡに最後の「アップデイト」として、1次予選で顕著だった「トップスピード不足」を改善すべく発売されたばかりの「オフトレッドタイヤ(ハード)」を投入、お昼の練習走行ではそれなりの改善も見られたため自信を持って望んだのですが、いざ走り出すと思ったほどではなくドンドン置いて行かれ、結果3位でチェッカーとなり敗退となりました、おそらく敗因の一端には電池のマネージメントもあると思いますが練習走行時に何度か「フロントホイールがゆるむ」症状が出ていたので(もちろん決勝時には新品に換えていたので症状は出ませんでしたが)それまでの「ナローバレルタイヤ(ハード)」に比べタイヤとのマッチングがイマイチで、マシーンがヘビーな分旋回時に結構負担が来ていたのかもしれませんね、ともかく結果はどうあれ次期製作マシーンへのヒントが得られたのが最大の収穫だったのと、この1年メインとして活躍してくれた同マシーンが、「たぶん最後のレース?」でねばり強く完走してくれたことがとても嬉しかったです、もちろん今後もレストア後はデーター取りマシーンとして活躍してもらおうと思っています。

Img_2712  レースのレポートはここまで、ここからが本当の戦い!!そう「コンクールデレガンス」です、実はこれまでチラホラ画像を載せてきたオリジナルカラーリングの「ダイナホークGX」はその為のマシーンで、バリバリのセッティングを施しつつも、ボディーに関しては「カーモデラー」として養ってきた技術をてんこ盛りで仕上げ、正に「満を持して!!!」の投入となりました。

Img_2714_2Img_2713_4Img_2716Img_2717Img_2718  おかげでお昼のインターバル時の「お披露目」からMCの方に絶賛していただき、「コレはレーサーでは無くてモデラーの作品ですね!!」とお墨付きを頂きました(笑)、その後の本審査でも並み居る強豪に競り勝ち見事「最優秀賞」を頂きました!!!。

Img_2723  で、賞品はというと「旧ダッシュ軍団マシーンのメッキボディー」でしたが、最近同マシーンも再販されてステッカー等のパーツも入手しやすくなっているので(多分コレを使って製作することは無いだろうけど...)まあ良しかなと、何よりこのところ「モデラー」として評価されることが無く、ブログの紹介も「いっそ(ミニ4レーサー)に改めようかな?」とまで思ってしまうぐらい自信を失っていたところの名誉だったので本当に嬉しく思いました(ちなみに同マシーンは近々「フォトアルバム」に掲載する予定で、もちろん「オートモデラーの集い」にも出品します)。

Img_2724  その後レース後の抽選会で三嶋家も我が家(長男)もそれぞれ賞品をゲット!我が家の賞品は画像にある「フィットのモーターライズ」でしたが、MCの方から「君のお父さんはプロ級の腕前だから一緒に作って楽しんでね!」と言われ少々恥ずかしくもありましたが、やっぱりオイラは「モデラー」なんだなと改めて実感することが出来ました。Img_2721Img_2722

 その他にも会場限定のキットと、ミニ4駆の世界ではアイドル的な存在で、個人的には「MOMO-I」嬢よりも断然「イチ押し」な「櫻井那琉」嬢(フリーの声優さんで上記画像では解りずらいですがアクティブで可愛い方です!!)のサインを頂き、終日大満足な一日となりました。

 とりあえず今年のミニ4駆に関してのビックイベントは終了!、ここからは気を引き締めて月末の「オートモデラーの集い」に向けスパートをかけていきたいと思います。

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »