« 個人的には「あり」だと思います | トップページ | 「セブン」と言えば...? »

タミヤモデラーズギャラリー08

 長男が小学校に上がって「初めての夏休み」だったこともあってか、毎日が思った以上に慌ただしく過ぎ、気が付けば今日で8月も終わり明日から新学期、なのにそれなりに済ましてきた宿題が何故か?(今になって発掘?される様な感じで)残っていて親子で最終日に追われる始末、なんとかそれなりに終了しましたがもうヘロヘロです。

 最後に全ての宿題のチェックしてランドセルの中に詰め込んだ際、絵日記の一つにふと目に留まりました、内容はタミヤでの親子工作教室の事を書いたモノで、サーキットを疾走する自分のマシーンとタミヤ本社の画と、頑張って親子で作ったのにもかかわらず、レースで負けてしまった事が書いてあり、改めて読み返すともうなんだかずいぶん昔のことにも思え、なぜか懐かしくさえ感じてしまいました。

 で、本来であればその「リベンジ」を果たすべく、乗り込んだタミヤモデラーズギャラリーのレースはと言うと...もし「優勝」でもしていればもちろんそのことを絵日記に真っ先に書くとは思うので、予想は出来ると思われますが...。

Sa380174Sa380177Sa380175_2  その前に今年の同イベントについての感想をば、正直人形改造コンテストやミニ4駆レース以外、見るべきモノは無かったかな?といった感じ、期待していた会場限定の商品は隠し球もなく、購入したのは「ホットショットのメッキバージョン」のみ、また新製品の発表もカーモデルはポルシェ962シェルの再販のみと新規金型のモノは全くないのも寂しい限り、この秋には「641/2」を発売するフジミとはえらい違いです。

Sa380172Sa380173   また今年は国産プラモデル誕生50周年と言うことにかこつけてか、タミヤのこれまでの歴史を振り返るような展示ブースも設けられていましたが、確かに興味深いモノもあるものの、スペースつぶしの苦し紛れの企画にしか見えないような気もして残念でした。

Sa380170_2  さて、肝心の?ミニ4駆レースですが8/16(土)の第1レースにエントリー、普段の草レースとは違いそれほど多くない参加人数にもかかわらず、中学生以下のジュニアクラスとそれ以上のエキスパートクラスに分けて行われ、私も子供もそれぞれのクラスで出場しました。

Img_2417  今回のコースは全長が短いながらも非常に攻略しづらい内容で、特にスタート直後のスロープセクションは登ってすぐに180度ターンが控えているため対応しきれずに吹っ飛ぶマシーンが続出!!当の私も今回はマスダンパー装着車両を持参していなかったため、同セクションの姿勢制御に対応しきれずてんてこ舞い、やむなく息子達のマシーンも含めハイパーダッシュからトルクチューンに換装し、ウエイトを積むなど出力を押さえるセッティングを施しました。

Img_2416  先ずは子供達のジュニアクラスですが15人ほどがエントリーし、3人ずつの組に分けられ予選を開始、先ずは長男のマシーン(キーンホーク)が出場、ハードタイヤに履き替えたことで練習走行では終始安定した走りをしていたのですが、本番ではトップ快走中の3週目に同セクションで遭えなくクラッシュ、その後の敗者復活戦でも同様の結果となり予選通過は出来ませんでした、ところが次男のマシーン(サバンナレオ)はシンプルなチューンと今回初投入の「オフセットトレッドタイヤ」がマッチし抜群の安定感を披露、見事1次2次予選を通過し決勝へ進出、決勝では残念ながら3位に終わるも長男よりも良い成績にご満悦の様子でした。

Img_2415 次に私のエキスパートクラスですが9人がエントリー、なかなかの強者揃いな上、メインマシーンの(アバンテ)が全くコースにマッチせず、ワンウェイホイール装着の(マンタレイ)で行くことに、その(マンタレイ)も最後までセッティングが決まらず苦戦が予想されましたが、何とかコースアウトせずに走りきり無事に予選を通過出来ました。

 ところが決勝は一番不利なイン側レーンとなってしまい、オマケにスタート時にリアに追加したウエイトに指が引っかかったためいきなり出遅れ、正に「万事休す」かと思いきやそこから怒濤の追い上げを敢行!見る見る間に2位のマシーンをパスし、先頭のマシーンを追いつめ差が1車身を切ったところで遭えなくゴール、残念ながら優勝は出来ませんでしたが、この様なコースでのワンウェイホイールの有用性と、マスダンパーの必要性を知ることが出来、収穫の多いレースとなりました。

その後もう一レースと思ったのですが、つきあいで参加しているカミさんの「もう勘弁して...」という空気を読んで(笑)帰宅することにしました、まあ長男的には去年の再来を見込んでいたところ遭えなく撃沈となり、悔しさもひとしおと言ったところでしょう、特にクラス分けをするような大会は、同じ子供同士ということもあって闘争心を引き出されやすいのかとも、とはいえのめり込ませるにはもってこいだとも思うので、(オートモデラーの集いにガチ合わなければ)今度は秋にタミヤフェアーに参加しても良いかな?なんて思ってしまいます。

|

« 個人的には「あり」だと思います | トップページ | 「セブン」と言えば...? »

ミニ4駆参戦記」カテゴリの記事

コメント

今年のタミヤフェアは11/22・23、オートモデラーの集いの一週前ですので、ぜひお越し下さい(笑

投稿: mutti | 2008年9月 2日 (火) 22時25分

muttiさんご無沙汰!コメント有り難う!!今更ですが8月のイベント参加できなくてすみませんでした。
11月のタミヤフェアーは是非行ってみたいと思うのですが、今回のモデギャラを見る限りミニ4レース意外のイベントがどうかな~とも、あと毎年恒例の「鈴鹿のラリフェス」も同じくらいの時期にあるのであっちこっち遠出は難しいかな?(まあ、多少マンネリ化しているイベントなので今年はお休みしても良いかなとも思いますが...新型のインプは見ていてみたい気もします)。
最近色々な制約やしがらみに振り回されて模型製作がままならず、もっぱらお手軽な「ミニ4レーサー」と化してしまっていますが、今後ともどうぞ宜しくお願いしますね。

投稿: いっとく | 2008年9月 4日 (木) 00時36分

確かに他は自分達の展示会くらいで、これといったイベントは無いですね。ミニ四駆といえば、池澤春菜(桃華お嬢様の声優さん)のブログで採りあげていましたよ。
http://haluna7.chu.jp/
この人、普段の日記の合間にガンプラ製作記を載せているのですが、最新作のザクではアドラーズネストのパーツ使ったりして結構面白いです。

投稿: mutti | 2008年9月 7日 (日) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 個人的には「あり」だと思います | トップページ | 「セブン」と言えば...? »