« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

燃やせ!レーシングスピリッツ!!

 毎週末常軌を逸したニュースが駆けめぐり、少なからず「公の自分」と接点のある内容に少々気も滅入りがち、オマケにその「本職」の方も多忙でなかなか疲れがとれず、模型製作も滞りがちなことからブログの更新が出来ませんでした、まあ、今月末には一区切りできそうですし、ARTAの方も進まないモノの作業そのものはそれなりに順調なので、来月には進捗状況をお見せできるかな?、なにより子供が夏休みにはいるまでにはボディーに決着を付けたいな~と。

Img_2226  なぜなら、夏休みには「活動祝1周年!」を迎えるミニ4駆レースに専念したいので!今年は地元の模型店の草レースだけでなく、この趣味を本格的に始めるキッカケとなった名古屋で開催される「タミヤモデラーズギャラリー」のレースにも、今度は親子で参加したいと思っているからです、その為に今から親子で着々と準備を進行中!以前ココにも書いたように気兼ねなく参加できるよう、極力子供達の手による「次期参戦マシーン」の作成に着手しました、現在はこんな感じで長男のは「ほぼお手製」、次男もニッパを握らせパーツの組付けも構成を理解できるような手順で行わせながら(これがまた長男よりも筋が良いのにビックリ!)一緒に製作しております。

Img_2224Img_2225   そんな折り、「親子レーサー」仲間の三嶋さんからお誘いがありましたので、先週の土曜日に息抜きがてらいつものお店の「草レース」に参加してきました、ただ天候は相変わらず不順なうえ急遽親子での参戦でしたので準備がままならなかったことから、私は主力マシーンの「アバンテMK2」ではなく「ダイナホーク」で、子供達も前述の通り「お蔵入り」したマシーンではなく、コースを購入したときにオマケで付いていた「完成品マシーン」に簡単なセッティング(メタルの軸受け、トルクチューンモーター、ナローバレルのタイヤに交換、後に現地でフロントのみ大型ローラーとスタビヘッドを装着)を行ったマシーンで参戦することにしました。

 当日は正に「雨が降ったりやんだり」オマケに「一時的に日が射してきたり」といった天気で蒸し暑く、またコースも(画像が無くてすいません)湿気や雨で滑りやすい上に複合コーナーやら連続スラローム、2箇所のレーンチェンジと(かなりの)傾斜角のあるバンクなどを備えた難コースで、私のマシーンでも適応するのに一苦労、子供達のマシーンにあっては、非力なのにもかかわらずコース内に留まることすら非常に困難な状況で、正直レース出来るんかいな?と思いました。

 ところが予選が始まると、他のマシーンは次々とレーンチェンジでコースアウトし、気が付けばコースに留まっていただけの息子達が連勝で決勝進出を決めてしまいました、ただ私の方は主催者の計らい?で有力参加者(いわゆる常連さんね!)が集うワールドカップ的に言うところの「死のグループ」に放り込まれたおかげで連戦連敗で予選敗退、ですがどのレースも「抜きつ抜かれつ」の大接戦で最終コーナーまで解らないといった白熱した展開に!!、結果は残せませんでしたが内容には大満足でした。

 その後の決勝は主催者さんの計らいで、息子達マシーンは「先行スタート」のハンデなども頂きましたが案の定惨敗、分かり切った結末でしたが子供達はそれなりに悔しかったらしく、特に長男は帰りの車の中で「来月レースに間に合うように(次期参戦マシーンを)すぐに作って色々試したい!!」と言い、家に付くなり早々に基本ユニットを組み立てだしました、まあこれでようやく彼らがチューンナップの重要性ってものを身にしみて感じることが出来、「自主的に」行動を起こすようになったのが一番の収穫でした。

 また我が家も同店のレースではすでに「常連組」になりつつあるようで、私もそうですが他の参加者から「今日はどんなマシーンで出るの?」と気さくに聞かれるようにもなりました、子供達も同様で長男にも既に顔なじみになった子がいる様子、ですが今回は完全に「格下扱い」されていたようなので(「今日はいつものマシーンじゃないんだね?」といった感じで別に悪い意味ではないですよ、むしろそんなマシーンでもお互いにたたえ合ってるところが微笑ましい、大人も見習わなければね)、「ライバル心?」に火がついたのかな?とも勝手に推測していますが、出来れば「ライバルはお父さん」だけではなく「あの子にも勝ちたい!」といったレーシングスピリッツを燃やしてくれるようになったとき、初めてミニ4駆が「本気」で親子で楽しめる趣味になったと実感できるのかもしれませんね。

 それから、三嶋さんお誘い有り難う!お会いできなくて残念でしたが、(因みに次回の「KL」でのレースは7/21だそうです、今のところ当方は参加できそうです)次戦お手合わせできるのを楽しみにしていますよ。

| | コメント (2)

10ヶ月の集大成!!

Img_2179  ホビーショウも終わりこの地方も本格的に梅雨入り!、モデラーにとっては憂鬱なシーズンになりましたね、当の私はこれ幸いとARTAの再研磨に没頭中!、作業の方は順調ですが思いの外集中力が続かないのが困りもの、オマケに今月は隔週末に半分ボランティアとも言うべき業務もあり、それに向けての再勉強も必要なことから、気持ちの面であまり余裕を持てないのも影響しているのかな?とも思います。

Img_2175  そんなわけでまたもや「お手軽に楽しめる?」ミニ4駆に浮気しがち、前回のレースで奮闘したマシーンもシャーシに関してはレストアは終了しましたが、歴戦の傷が目立ってきたボディーはちょっと見栄えが...フォトアルバムに載せてある仕様からもかなり「モディファイ」加わっているので、再更新も兼ねて「ポリカ」でリニューアルをしようかな?と思っています。

Img_2176  で、それとは別に、実は今年の初め位からあるモノを製作しておりまして(その研究のためにこの冬は模型製作が進まなかったと言っても過言ではないのですが...)、タイトルにあるような現時点での集大成とも言うべき私のフラッグシップマシーン「アバンテMk2ブラックスペシャル」が完成しました!!。

Img_2177Img_2178   詳しいスペック等は他のマシーンのモディファイが終了後、まとめてフォトアルバムにて述べたいと思いますが、現在実践投入中の「アバンテMk2」のセッティングをベースに、これまでの「参戦経験」で得られたデーターからパーツを選定、また装着方法も現地での仕様変更を容易に行いやすいように考慮し、一際目を引く「マスダンパー」に関してはまだまだ研究の余地があるものの、私のモットーとする「オリジナル」を遵守した範囲内で、「スピード」と「スタビリティー」そして「トラクション」のバランスが取れた「スペシャルマシーン」として組み上げることが出来たと思います。

 ただ本車両はあくまで「コンセプトカー」なので今のところレースで走らせる予定はありません(行きつけの「ベーシックな屋内コース(コースアウトしても損傷しないため)」があるお店でテスト走行が行えれば....とは思っていますが)、なので「完璧なマシーンに仕上がった」とは言い切れず、また前回のレースで露呈した「強度と剛性」を確保するためやや重量過多なセッティングとなっており(強化ユニットのノーズとテールは「剛性」は良くても「強度」が無いので、FRPプレート等の補強がないとすぐに割れてしまいます)、コーナーが連続するようなテクニカルコースでは苦戦することが予想されます、なので次回作?は現在「アバンテX」に施しているセッティングをベースに、剛性よりも強度を重視しつつ極力「ライトウエイト」に仕上げ、「コーナーリング」と「トラクション」に重点を置いたマシーン作りに挑戦しようかな?。

| | コメント (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »