« 気分はグランプリサーカス! | トップページ | 四方山話?(その1) »

ようやく「レース」が出来ました!

 さて前回の続き、2週連続でミニ4駆のレースに参加してきました。

Sa380121001Sa380120001   今回の会場は私の家から西に4町離れた模型店で開催され、この地域では結構盛んにレースを行っているらしく、レース開始1時間前に到着したのですが、若干変更されたコースレイアウトをいち早く確認するため、既に10人近く集まってウォームアップ走行を行っていました。

 また、参加者の顔ぶれも実に様々、(前回記載したように今回は私一人での参加でしたが)ちょっと前の私の様に始めたばかりの親子もいれば、大人顔負けの知識を披露する子供、やたらいろんな部品を付けたり外したりを繰り返すマニアっぽい兄ちゃん達や、おそらくこの地域では「カリスマ?」的な存在(空くまで雰囲気ですが、持参したマシンや機材から一目瞭然!)の親父さんなど、私を含め22人のレーサーが集まりました。

 で、レースの進行はというと、4つのグループに分けて予選リーグを行い、勝てば「3P」、負けてもコースアウトなどリタイヤにならなければ「1P」が与えられ、総獲得ポイントの各組上位1名が決勝トーナメントに進めるというモノ、ただし高性能モーター(ハイパーやマッハなど300円以上するモノ)を搭載して勝利した場合は「2P」しか与えられないというハンデキャップ付きでした。

 私は第3グループで4人の方と対戦し、上記高性能モーターのおかげでぶっちぎりの4連勝を果たしましたが結果8ポイントしか与えられず、グループ2位の方が2勝2敗で同ポイントとなりましたが、アドバンテージで辛くも1位通過となりました。

 ですが、流石に決勝は甘くは無く、おそらく「全体で2番目に早い」方とぶつかってしまいあえなく撃沈、順位の確定戦は行われなかったため3位という結果で終了しました。

 まあ、僅か3レースの経験で決勝まで進出できた事も驚きですが、何より多少の運に助けられもしたモノの、自分なりの分析とセッティングが功を奏し、マシーンの状態をある程度見極めながら戦うことが出来て、ようやく「レースをしている!」と実感できたことが嬉しかったです。

 ですが、それ以上の成績を望もうとするならば今以上に試行錯誤と研究、そして実戦経験が必要というのを実感しました、ただ皆さんのマシーンを拝見してセッティングの「トレンド」を知ることが出来たのと、自分の「大口径タイヤ装着マシーン」に対する方向性も、まだスピード面や低重心化などで改善する箇所は有りますが、今回ほとんどコースアウトすることがなかったことから、「モーターの性能に見合ったモノ」であったのを確認出来たことが一番の収穫でした。

Img_1761  とはいえ、私にとってミニ4駆は「親子で楽しめる趣味」で有ることに代わりはなく、正直今のレベルで十分満足なのですが、続けていくからには少しでも上は狙いたいモノ!、今回一緒に行けなかった長男は早くも次のレースを心待ちにしているようなので、次は親子で決勝進出できるよう現行のセッティングの見直しと、次期参戦マシーンの製作に着手しようと思います。

|

« 気分はグランプリサーカス! | トップページ | 四方山話?(その1) »

ミニ4駆参戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気分はグランプリサーカス! | トップページ | 四方山話?(その1) »