« オフシーズンのお楽しみ(その2) | トップページ | 息抜きといえばコレ! »

オフシーズンのお楽しみ(その3)

Img_1570_2  さて、私にとって今シーズンオフ最後の?イベントとなる「スズカワールドラリーフェスタ」のレポート(感想?)をしま~す。

Img_1654  今年で9回目となる同イベントは、この地方最大のラリーイベントで、自称「スペクテイター(熱狂的?なラリーファンの事ね)」でもある私は第3回から欠かさず参加しています、また開催地が「鈴鹿サーキット」と言うこともあり、3年ほど前からは家族でお出かけする恒例行事にもなりました(余談ですがホンダの本拠地なのに、参加車両がスバルや三菱はたまたプジョーやシュトロエンばかりというのは少々滑稽な感じがしますよ)。

 おかげで、当初は訳も分からず連れてこられていた息子達も、今では「インプ」だ「ランエボ」だ「パジェロ」だと率先してメーカーブースを梯子するようになりました(子供は色々貰えるからね!)、それでも本命は「プッチタウン」のゴーカート系の乗り物であることは変わりませんが...。

Img_1626Img_1620Img_1587Img_1586Img_1575Img_1578  私はというと今年のラリージャパンに参加した参戦車両やニューインプとランエボⅩの「0」カー(コース先導車)、JWRC総合優勝のスズキ「イグニス」(スイフトのことね)、モンテに参戦したインプWRC2006などの実車を間近で見ることが出来るということの他に、何と言っても国内のトップドライバーの方々に会えるのが魅力的、今年もスバルの新井選手(今期2度目のPWRC制覇!オメデトウございます!!)や勝田選手(全日本チャンピオン!)、三菱の田口選手(ラリージャパングループN制覇)や昨年モンテでPWRCクラス優勝した奴田原選手にお会いすることが出来ました。

Img_1657  正直今年は渋滞に巻き込まれて会場入りが大幅に遅れ、グッズ持参で会場入りはしてみたモノの、子連れでは接近遭遇は望み薄だな~と思っていましたが、メーカーブースを歩いていると皆さんフツーにヒョッコリ現れる、またどの方も大変気さくで、こちらから「○○選手!サイン下さい!」と呼びかけると「ハイハイ!」と立ち止まるどころか歩み寄ってきていただけます、おかげで上記選手の他にスズキモータースポーツ副社長の田島直信氏(同チームのプリンシパルである「モンスター田島」氏の実弟)まで勢いで?サインしていただきました。

Img_1591Img_1630 そして、本イベントのメインとも言うべき「パフォーマンスラン」が始まると会場のボルテージは一気に盛り上がります、今年は例年よりもチョット指向を変えてオープニングのパレードランの際、車体後部のスポイラーに取り付けた発煙筒を点火!スバルの「青」三菱の「赤」スズキの「黄」の煙がホームストレートにたなびき、さながら「ブルーインパルス」のようでした。

Img_1612Img_1611Img_1594Img_1595Img_1607Img_1608 その後ニューインプとランエボⅩの「0」カーによるスーパーSSの再現、個人パフォーマンスでは「直ドリ」や「ドーナツターン」をドライバーそれぞれが持ち味を生かして披露してくれます(特にスバルの勝田選手の「箱乗りドーナツ」は毎年のお約束!とはいえ圧巻です)。

 1時と3時にほぼ同じ内容のデモ走行を行い、私は一回目は長男、2回目は次男と一緒に見ることが出来ましたが、その都度妻がもう一方の息子と遊園地で「乗り放題」に付き合っていたためモートピアから出られず、結局どちらも見ることが出来ずに残念がっていました、それでも日頃忙しくて子供達とふれあうことが出来無いのを幾分取り戻せて、充実した1日だったと満足していたので安心しました。

Img_1656  他にも恒例の内容としてヒストリックマシンやレプリカカーコンテスト(約100台が参加、こちらも年々内容がいろんな意味でマニアックになってきています)、販売グッズ(画像のスバルのレーシングスーツを着たフィギュアは本来「ワンフェスのみの販売品?」だそうで、同キャラクターについての知識は皆無ですが、オートアートの1/18のミニカーに並べたら丁度良いかも?と思い衝動買いしてしまいました(爆)、ちなみに当日は10個のみの限定販売で当然?完売!でした)やノベルティー配布品(ステッカーやポストカード)も中にはマニアックなモノもあり、ラリー好きにはホントに一日楽しめるイベントです、興味が沸いた方は是非来年参加してみては如何でしょうか!。

|

« オフシーズンのお楽しみ(その2) | トップページ | 息抜きといえばコレ! »

イベント」カテゴリの記事

コメント

 先日の名古屋オートモデラーの集いではお世話になりました。ラリー実車系のイベントは、以前お台場で開催していた頃はよく見に行っていたのですが、いつの間にか無くなってしまいました・・・
 デモランやドライバーの皆さんのファンサービスはこうしたイベントならではですね。私も来年は行ってみたくなりました。
 画像の女の子フィギュアは「舞-HiME」と「舞-乙HiME」のヒロインですね。ラリーカーコレクションでお馴染みCM'sのコラボ企画です。こうした話題は私にお任せください(笑)
 それはさておき、「Rarry-X」や「F-1 MODELING」の出版社である山海堂が業務停止となってしまいました。両誌ともモデラーにはなくてはならない雑誌であるので、とても残念でなりません。
 

投稿: mutti | 2007年12月 5日 (水) 18時45分

 muttiさんこんにちは、毎度コメント並びにフィギュアについての解説(なるほど!流石!)有り難うございます。
 他にもパジェロによる「砂丘越え」(キャリアカーを45度近くまで傾斜させ、そこを登るんです!)同乗体験や、運が良ければ抽選で2回目のパフォーマンスランには同乗者として参加できたりと、体感型のイベントもあります。
毎年勤労感謝の日辺りに行われるので、時期が来ましたら鈴鹿サーキットのHPをチェックしてみてください。
 それから、山海堂の件はビックリしました、業務停止だけでなく、聞くところによると「解散」らしいですね、F1モデリングもそうですが、ラリーXが無くなるのは本当に残念です、ノウハウの受け入れ企業が現れると良いんですがね...。
 そんなわけで「いつでもイイや!」と思っていたF1モデリングのバックナンバーを行きつけのショップ(1/43で有名なRA)で購入してきました、その際よせばいいのに欲を出して某マシンの07モデル用アップデートデカールを購入してきました(爆)。
 ヒントはオートモデラーの際にmuttiさんが「どうですか?」といっていたものです、覚悟?を決めたら公表しますね。
 

投稿: いっとく | 2007年12月 8日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オフシーズンのお楽しみ(その2) | トップページ | 息抜きといえばコレ! »