« オフシーズンのお楽しみ(その3) | トップページ | 我が家のクリスマス »

息抜きといえばコレ!

 気が付けば残り半月程で今年も終わりですね、このところ年末に向けての新製品のラッシュばかりではなく、不意に発売される食玩やオマケなどサブカルチャー的なモノにまで目移りして散財しっぱなし(何かは次回の更新時にでも)、まだまだ忘年会など出費はかさむのにこんな調子で大丈夫か?と一人突っ込みを入れていてもしょうがないので、掃除がてらオークションやリサイクルショップにて小銭を稼いでいるこの頃です(爆)。

Img_1724Img_1725    で、そんな合間に生き抜きがてら(毎度お馴染み?)映画鑑賞に行って来ました、今回のタイトルは話題の山岳サスペンスアクション「ミッドナイトイーグル」です、公開から数週間経ち既に御覧になった方もみえるのではないでしょうか?。

 「ローレライ」「亡国のイージス」など邦画の仮想(空想?)軍事アクションモノは背景や設定が細かく丁寧で世界観をイメージし易く、ハリウッド映画のように「画的に面白ければオッケイ!」の展開よりも好感が持て、私の大好きなカテゴリーの一つです(画像にあるようなタカラトミーのTMMといった「映画にタイアップ」した完成ミニチュアのコレクションにハマッているのも確かですけどね(笑))。

 ただ、やっぱり特撮技術等は素晴らしくても、これまで同様演じる役者が少々...といったことがネックですね、本作品もメインキャストの「大沢たかお」はともかく「竹内結子」はう~んって感じ、「玉木宏」にあっては「のだめ...」で少し演技の幅が出てきたかな~と思っていたのですが、本作品ではまだまだ「これからの役者さん」といった感じ、むしろ映画の「宣伝マン」的な意味合いが強いのかな?(別冊でロケ中に撮影した写真集は出てるし、また私が映画を見に行った日はいわゆる「男性サービスデイ」だったのにもかかわらず、観客のほとんどが「女性」でした)とも思いました。

 ですが、そんな中でも今回存在感ピカ1だったのは「吉田栄作」!、同じ脇役でも「亡国のイージス」の時はパッといない役柄でしたが、今回は中盤以降は完全に主役の2人を「喰う」活躍っぷり!、反対に「石黒賢」はチョット「キャラを作りすぎ!」といった印象を受けました。

 見終わった感想はというと...ストーリーには触れないと言いつつも率直に述べれば「ネタバレ」になってしまいますが、私も息子に対し「仕事をしている姿」であれ「模型制作に没頭している姿」であれ「私自身の証である何か」を残してあげられるような父親になれたらな~と思いました、特に結末に関しては人それぞれ思うところもあるだろうといった内容ですが、「お正月前」の一本としてはお勧めですよ!、あと年明け公開の「哀川翔?」主演「SS」もチョット気になります。

|

« オフシーズンのお楽しみ(その3) | トップページ | 我が家のクリスマス »

わたくしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オフシーズンのお楽しみ(その3) | トップページ | 我が家のクリスマス »