« 本日は我が輩誕生日なのであります。 | トップページ | 皆さん頑張ってます。 »

アメリカGP

 昨夜も夜中に起きて観戦していましたが、正直琢磨がリタイヤした時点で寝ようかとも思いました、ですがチームメイトのアンソニーも頑張っていたし、何よりマクラーレン、フェラーリ共にチームバトルが繰り広げられるのかな?との期待もあって、頑張って最後まで観ましたが、なんて事はなく終わってしまいましたね。

 まあ、そんな中でもやっぱりハミルトンはスゴイですね、沈着冷静でミスは無く、アロンソに迫られても軽く「うっちゃる」クレバーな一面を見せるなど、もはや「驚異のルーキー」といった表現ではなく「今シーズン最も成功を収めそうなチャンピオン候補!」と呼ぶべきではないでしょうか?(驚愕のルーキーは今回リザーブドライバーで登場し見事初ポイントを獲得したBMWの「ベッテル」に当てはまりそうですしね)。

 また、去年の終盤戦にも見られましたが、アロンソは些細なメディアのプレッシャーにも過剰な反応を示す「ナーバスなチャンピオン」なのかもしれませんね、かつてセナプロ時代のマクラーレンではジョイントナンバーワン体勢の中で、いかにして自分に有利な待遇を得ようと(特にプロストは)画策を行う事はありましたが。今のアロンソはチーム内における不平不満をさらけ出しているだけの様にも見えます。

 次のフランスGPの後はハミルトンの母国イギリスです、アロンソにとっては「アウェー」でもチームにとっては「ホーム」な訳ですから、それまでに少しでも挽回し、負け犬の遠吠えにならないよう次戦は頑張ってもらいたいものです(でないとチャンピオンシップは面白くありませんよね、フェラーリやルノーも不甲斐ないことですし)。

167235_0   それはそうと、我らが琢磨選手もなんと次戦で「10グリッド降格」のペナルティーを食らってしまいました、大きくバージョンアップが図られマシーンの戦闘力も向上する予定だっただけに、私も憤懣やるかたない気持ちで一杯です。

 ですが、抜きどころも多い(特にアデレードヘヤピンなんかは絶好のパッシングポイント!)コースですので諦めることなく頑張って、ポイント獲得よりも「パッシングキング?」として怒濤の追い上を見せてもらいたいです。

|

« 本日は我が輩誕生日なのであります。 | トップページ | 皆さん頑張ってます。 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日は我が輩誕生日なのであります。 | トップページ | 皆さん頑張ってます。 »