« 製作順調? | トップページ | ちょっと気晴らしに? »

前途多難?

 ようやく基本色を塗布しチーム発表まで漕ぎ付けましたが、この一週間は細かいところでマイナートラブルが多発し、修正作業の繰り返しでホントにフラストレーションが溜まりました。

 オマケに昨日のバーレーングランプリは、(私個人としては実力を疑わしく思っている)マッサがなんの見せ場もなく勝ってしまい、またスーパーアグリに至っては散々な結果で終わってしまって、余計フラストレーションが溜まってしまいました。

 次のスペインまでは約1ヶ月のインターバルもあるので、その間に上位チームは物量作戦で開発をドンドン進めていくでしょうから、今後入賞のチャンスは今までほど無いと思われます、ですが昨年4年落ちベースの車で終盤急速に進歩したように、諦めることなく頑張って欲しいものです。

 Img_1086 さて話を戻しますが、実はこのNSX当初は「レイブリック」で製作予定でした、ですが、チーム変更の理由は、下地に使用したガイアノーツの「Exホワイト」の隠蔽力が強く、基本色でも十分行けるんじゃない?と思った他にもう一つあります。

 それは今年3月同僚と見に行ったGT開幕戦で、残り一週突然のエンジンブローで優勝を棒に振ったARTA(しかも私の目の前でボギャン!と壊れました、そのとき隣でニスモを応援していた同僚の嬉しそうな顔といったら...)を見て「よっしゃーこうなりゃ模型で仇をとってやるぜ!」と意気込みが芽生えた為でもありました。

 そんなこんなで現在に至るわけですが、無理な路線変更のせいか?はたまた「感」が戻ってないせいか?先に述べたようにホントマイナートラブルが頻発し、その修正に追われるばかりで、どうにかココまで形には成りましたが、いわゆる「合同展示会」に間に合わせる為に製作をしているといった感じで、正直今の出来には全然満足していません。

 ですので、(まだ完成もしていないのに)心の中では既にこれまでのトラブルによって得た知識と、うまくいった製作法をフルに活用して「ゼッタイリベンジしてやる!」なんて思えてくるからホント我ながら困ったものです、ですがこの「トライアンドエラー」こそが模型の醍醐味なんでしょうね。

 取り留めも無い文面に成りつつあるので、とりあえず今回までに実施した方法を説明いたしますと、ガイアノーツExクリアーを塗布後に、アサヒペンの蛍光レッドを塗りました。

 カラーの選定理由として、当初はクレオスの蛍光レッドでとも思いましたが、同社のカラーはどちらかというと「オレンジ」に近い印象を受けたのと(実車は写真で見るとオレンジそのものですが間近で見たときは「赤みが強い」印象を受けました)、以前厚塗りの際エッジの塗料が「割れてくる?」様な事があり、今回もブラシでの試し吹きでその様現象が起きたため、色味と過去の実績でアサヒペンのものを使用する事に決めました。

 とりあえずボンネットの他に、あまり厚塗りしたくないピラーやリアカウルも合わせてマスキングを行い塗布してみました、幾つか塗り分け部分の境界に明瞭で無い箇所もありますが、下にクリアーを挟んであるためはみ出たところは研磨で十分修正することが可能です。

 今後はもう一度境界部分のマスキングをしっかり行って修正塗装後、クリアーの厚塗り(梨地になった表面整えるのと、デカールへの染料の色写りを防ぐために)を実施予定です。

 今週は週間予報を見る限り、あまり天候に恵まれそうにありませんが、焦らずに頑張っていこうと思います、それではまた。

|

« 製作順調? | トップページ | ちょっと気晴らしに? »

ARTA NSX05」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 製作順調? | トップページ | ちょっと気晴らしに? »